So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
前の10件 | -

JALグローバルクラブ [JGC修行]

2016年の前半は出張で毎週のように移動してました。

そんななかで見つけたのはJGC。

今までは年末年始と夏期休暇に実家に帰るとき位しか
飛行機に乗る機会は無かったのでマイレージのステータス会員なんて
全く縁の無いものでしたが、出張を絡めると以外と達成可能なのでは?

ということで、多少自腹を切って獲得してみました。

JGC.jpg

なお、JGCの取得には搭乗回数50回 or 50000FOPの獲得が必要ですが
出張が国内の近距離だったのでFOPは大して貯まりません(苦笑)

ですので、必然的に50回を目指すことに。
計算してみると出張で20回少しは出張で行けそう。

残りをどうするかと調べてみると、
アイランドホッピングというものがあるらしい。
→2日で16回搭乗というツアー。

あとは今まで行ったことの無かった沖縄&北海道旅行。
出張中に福岡経由の日帰り宮崎旅行、
実家への帰省などで達成しました。

せっかく取ったJGC(サファイア)。
ボーナスマイル105%もあるし、
今年は久々に海外にも行ってみましょうかね!

スーツ用の折りたたみハンガーを買ってみた [JGC修行]

月曜出発の金曜戻りの出張なら
とりあえずスーツを着て移動で問題ないのですが
前入りであったり、仕事終了の翌日移動となると
スーツで移動というのも疲れます。

となると、スーツをカバンに詰めて移動するのですが
スーツをたたむというのも皺がついたりと結構大変です。

そんな時に機内販売のカタログで見つけたのがこちら。
〈JALオリジナル〉ワンツーフィニッシュハンガーケース -JALショッピング https://www.shop.jal.co.jp/disp/001001001/73281_1.html

オンラインはもちろん羽田空港でも販売してました。
で、購入しようと思ったのですが
JALカードで購入すると割引があるらしいので
カードが到着するまで待ちました。

で、カードが到着したので購入してきました。
感想としては、カタログで見るより結構大きい?
でも、手持ちのカバンにはギリギリ収まりました。
これで出張の時もスーツを荷物に入れて移動できますね。

が、もう6月なのでスーツの上着は着ないかも(苦笑)

まあ、手元にあると必要な時にすぐ使えるので問題なしですね!

JGC(JALグローバルクラブ)を目指してみようか [JGC修行]

1年以上ぶりの記事ですね。

今回は今までと少し毛色の違う内容です。
では内容は以下に・・・

今年は勤続10年ということで
記念として通年通りなら旅行券が会社から支給されるハズ!

でも「使って終わり」って使い方ではなく後々も役に立つ使い方をしたい。
と思いまして色々と検索した結果
JGC修行なることをしている人たちがいることを発見。
(年間50回搭乗するか搭乗マイルから計算されるFLY ON ポイントを貯めるらしい)


そして実は去年から国内の短距離出張のため
月曜、金曜と新幹線で移動する生活をしています。

これはチャンス!ってことで
今年はJGCでも狙ってみますか!と思いついたのがG.W.。

帰省に片道ANAのファーストクラスを使ってしまいましたが
帰省と出張を合わせ5月で5回は搭乗。

まずは多くの人が作るというJALカードを申込みましたよ。
するとログイン画面が変更になるんですね。
JAL_MILEAGE_BANK

JAL_CARD.png
に変わりました。

まあ、年末までには、なんとかなるんじゃ無いでしょうかね。

Z3シリーズ [モバイル]

さて、Z3の白ロムを入手したので
Z3手元に以下の端末が揃いました。

1.Xperia Z3 Compact(D5833)
2.Xperia Z3 Tablet Compact
3.Xperia Z3

当然サイズは「Z3TC > Z3 > Z3C」の順です。

では厚みはと言うと逆で
「Z3C > Z3 >Z3TC」となっています。

じゃあ、どれくらい?というと次のような感じ。

DSC00498.jpg

サイズは、まあ普通に分かりますね。
Z3とZ3Cについては、高さが意外と違います。
今回マグネット充電口を揃えたのであまり差が無いように見えますが。

_DSC0868.jpg

で、厚さは・・・
うーん。差があるのは事実だけど
正直あんまり気にならないかな~という感じ。

Z3とZ3TC
_DSC0870.jpg

Z3CとZ3
_DSC0872.jpg

ちなみに公式情報によると
Z3TC
約 幅213.4mm×高さ6.4mm×奥行123.6mm

Z3(SB版)
約 幅73×高さ147×厚さ7.4mm(突起部を除く)

Z3C
高さ 約 127mm×幅 約 65mm×厚さ 約 8.6mm

見にくいので入れ替えて桁合わせて・・・
Z3TC 約 213mm×123mm×6.4mm
Z3   約 147mm× 73mm×7.4mm
Z3C 約 127mm× 65mm×8.6mm

まあ、2mm位の差ですね。
数字で見ても気にならない程度ですか。


softbankからXPERIA Z3が発売になったので [モバイル]

XPERIAは
X10 mini pro
mini pro
SX (オレンジ)⇒水没によりFelicaチップ死亡
SX (ホワイト)
Z3 Compact(国際版)
DSC00494.jpg

と使って来ましたが普段使いのキャリアから
やっと発売になったので機種変更しようと思い
(売れないと今後も扱われるか微妙ですしね)
いろいろと見てみました。

なお、今の利用状況は以下の通り
・キャリアのSIMはmini proにて通話メインで運用
 パケホは一応付けてるもののAPNの設定でMMS以外の通信は遮断
 「ホワイトプラン+パケットし放題S」で\2,000弱

・Z3 CompactにはIIJmioミニマムスタートプランで\975
 (自宅ではWiFiなので1ヶ月の通信料も1.3GByteほどなので余ってる)

 つまり合計でも月額\3,000位


で、その前提で見ると、料金プラン高!
ホワイトプラン+パケットし放題 for 4Gだと機種代込みで月額\6,000弱
ホワイトプラン+パケットし放題フラット for 4Gだと機種代込みで月額\9,000超

しかもフラットじゃない方は15.5MB超で月額\6,200って・・・
このプラン普通に使うと天井張り付くの確定だろ。意味不明。
通信遮断する人にも\2,000。
普通に通信する人には\6,200。

あまりにも酷い料金プランに機種変更をする気がなくなった、
かつ狙っていたシルバーグリーン白ロムを発見したので即購入。
Amazoneで\46,800なり。

で、分かっていたことですがSIMのサイズが合わない。
通常SIM→microSIMは
以前SXにMVNOのSIMを使うために買ったSIMカッターがあるけど
通常SIM→nanoSIMへのカッターは持っていないので
手元にあるニッパと爪切りで加工。
さすがに端子部分を切るのは怖いですね。

で、少しずつヤスリで削り形を整えトレーにはまるように。
ちなみに2時間も掛かってしまった(苦笑)
DSC00497.jpg

すると・・・
認識しない?
やってしまったと思いつつ、Z3 Compactでも試すと・・・
普通に使えるな。ん?

再度Z3にて試すとSIMロックされているとのメッセージが!

ちょっと調べると今まで使っていた
銀SIMは4Gの機種では使えないだと!!

通話、MMS、モバイルSuicaと全滅。
持ち込み機種変更を使用かとも思ったけれども
SIMロックってことはロックを解除すれば使えるでは?と思い、

こちらのサイトを参考に
アンロックを試みることにしました。
(過去にroot化は実施したことはありますが、自分でSIMロック解除したことはない)

注文の際にあらかじめ分かっていたので
「NSCK」コードを送ってくれと、中学生以下の英語で書いていたものの
約1週間後に送られてきたのは
「NCK」コードと「SPCK」コード。

再度、『最初から「NSCK」コードを送ってくれと言ってるんだけど』と
メールすると、『もう送ったぜ』的なメールが返ってきたので
更に以下のメールを送ってみました。
「I got NCK and SPCK code.
But I need NSCK code.」

ええ。こんなレベルの英語しか使えません(笑)

すると、2日後には「NSCK」コードを発行してもらえました。


ただ、参考にしたサイトにも書かれている通りそのままでは
アンロックコードが入力できないので一度docomo版のファームにします。

そのために必要なFlash Toolを落としてきます。
(古いVerは持っているけど上手く行かなかった)

で、2時間近くかかり落としてきたファイルを
Firefoxが怪しいファイルだと言って削除してくれたりというトラブルもありつつも
Chromeで落とし直し無事にdocomo版ファームに。
(なんかクソアプリ多いなぁ)

そして送付されたNSCKコードで無事にアンロック成功。

で、加工済SIMをセットすると電話は受けれるものの
モバイルSuicaのアプリが正常に起動しない。

MVNO(DoCoMo系)のSIMを入れるもやはり上手く起動しないので
原因調査は諦めSB版ファームに焼き戻しました。
(不要なアプリばっかりですしね)


すると、モバイルSuicaも上手く動きました。
あとは、MMSが受信出来るようになれば問題なく移行出来そうです。

APN情報を自分のblogから探して設定。

SoftBankメールで受信を試みるも上手く行かない。だと・・・

設定を見直しユーザ名の間違いを発見。(入力ミス)
直すもまだつながらない。

うーん。


自分で『APNタイプにの頭に「default,」~』とか追記してるな。
コレだ!

ってことで一度APNタイプに「default,」を追記し受信処理を実行。
上手く行きましたよ!

この状態でWiFiで受信するように設定を実施し
もう一度、APNタイプから「default,」を削除。
(パケット出さないように)


この状況でSMS、MMSが受信出来ることを確認。
さらにモバイルSuicaが使えることも確認。
定期の情報やスタバのカード情報etcのFelica系の情報を移行し作業完了!


これで、
・mini pro(通話、MMS用)
・SX(Felica用)
・Z3 comact(ネット用)
の3台持ち体制から
DSC00495.jpg

・Z3 compact(ネット用)
・Z3(通話、MMS、Felica用)
の2台体制へ統合。
DSC00496.jpg

結局、白ロム代金の\46,800と
ロック解除代金€29.99 EUR(¥4,144)の
合計\50,944となりました。

まあ、今の月額\2,000と
普通に機種変更した場合の約\6,000の月額の差が
\4,000なので13ヶ月使えば元は取れる。

むしろ普通に買うと24ヶ月使うことになるので
こっちの方がお得かな。
(色々と手間が掛かってますがね。)

※1台で運用するある程度パケットを出す場合は
普通に購入した方が手軽だと思いますが
そうすると月額\9,000ですからねぇ~


結局は今回も
SONYがSIMフリー版を普通に売ってくれると一番いいな!
ってとこに落ち着きますね。


2014年を振り返る [sony]

2014年。

SONYのPC事業売却という衝撃的な発表のあった1年でしたが、
2014年にソニストで購入したものを振り返ってみたいと思います。

====================================================
まずは「SVT1122A1J」。
つまりはVAIO Tap11ですね。

冒頭で書いたとおりSONYのPC事業売却ということで
何か買わなきゃ!という使命感?のもと購入したのがTap11です。

Duoにするか迷ったんですが、結局Tapにしました。
キーボードが無線なためか微妙にチャタったりするのが・・・ですが
タブレットとして使う分には高性能で不満はないですね。
まあ、i7にメモリ8Gという構成ですから(笑)

====================================================

二番目は「DSC-RX100M3」。
高画質コンデジの第三世代機ですね。
Tap11を購入しNFCを積んでいるデジカメに興味があった。
また、NEX-5よりもコンパクトなので、
もっと気軽に持ち歩けるかな~っと。

気軽に持ち運べて良いですね。
Tap11では無いですがXPERIA Z3 compactと組合せ
気軽に写真をアップロードできるのも良い感じです。

====================================================

三番目は「CECH-ZNR2J」。
容量が1TBになったnasneです。
旧モデル(500GB)に外付けHDDを付け使っていましたが
容量が足りなくなったので追加です。

nasneが2台体制になりこれで予約がかぶってもバッチリです!
BRAVIAにVITA、PS4にXPERIA、ソニタブ、VAIOと
対応機器が自宅に一杯あるので非常に便利!

====================================================

続いて四番目は「ILCE-QX1」。
レンズスタイルカメラのレンズ無しモデル!
レンズスタイルなのにレンズすらない(笑)

また、カメラですね。
まだあまり使いこなせてませんが可能性への投資ってことで。
レンズが無くなった分値段も手頃になりましたしね。

この製品は人混みを頭越しに撮影とか
風景と一緒に自分を撮ったりなど色々やってみたいですね。

====================================================

次、五番目は「Xperia Z3 Compact D5833」です。
これはソニストではないんですが
使用頻度的に紹介しないわけにはいかないかなーと。
DoCoMo版の白ロムを入手しても良かったのですが
あまりにも背面のロゴがダサかったので輸入してしまいました。

当時はまだ円高でしたしね!

是非SIMフリーモデルをソニストで売って欲しいのですが
聞こえてくる状況から考えるに無いんでしょうねぇ~

なお、XPERIA SXの後継としての購入のはずが
微妙に大きいのでなれるのに苦労しましたね。
未だに指がつりそうになります(笑)
処理速度は速くなっていてかなり快適なんですが・・・

そんなことや、ソフトバンクのZ3がプランを変更しないと
購入できないことなどなどにより、
モバイルSuica用にSXも併用しています。

mini pro(通話用)
SX(モバイルSuica用)
Z3 compact(ネット用)と3台のXPERIAを持ち歩くことに・・・
⇒これは今年はどうにかしたいですね

====================================================

続いて六番目は「SWR30」。
スマートバンドトークですね。
Z3 compactに入っていたLifelogアプリに
睡眠時間も記録しようとすると必要みたいです。

Talkでなくてもログだけなら撮れるのですが、
サイズは同じくらいとのことなのでTalkにしてみました。
ボイスコマンドでタイマーの設定をしたり、
スマートウェイクアップ機能を目覚ましにしたりと
結構便利に使ってます。

難点をあげるとしたら傷付きやすいことですかね。
既に細かい傷が無数に・・・

====================================================

そして七番目は「SGP612JP/B」。
XPERIA Z3 Tablet compactです。
年内限定でタブレット店頭下取り1万円キャンペーンを
やっていたので、ソニタブSから思い切って買い替えです。

ソニタブはコミック用の電子書籍リーダ(文庫はReader端末)や
動画ビューアなので重量は軽い方がいいんですよね。

使いはじめて数日ですが
電子書籍の読みやすさ、レスポンス共に満足です。

nasneに録画した番組を持ち出すのにも良いかもですね!

====================================================

八番目(最後)は「CECH-ZNR2J」。
ん?さっきも出てきた?

ええ。nasneです。
容量が足りない&割引クーポンがあったんです!(笑)

これでnasne3台体制になりました。
事前にGigaHUBを用意しておいたのでネットワークは大丈夫。
これ以上は地上波の電波が
減衰して映らなくなりそう気もしますが、
今のところは大丈夫そう。


こう振り返ると結構買ってますね。
PC、カメラ*2、nasne*2、スマフォ、タブレット。
まあ、PCの出費は予定外でしたが
2013年のHAP-Z1ESやNW-ZX1のような
出費は無かったのでヨシとしましょう。
(ILCE-QX1は近い気がしますが・・・)

2015年はそろそろ4kテレビも気になるんですが
今使っているKDL-46XR1の後継!っていう機種が
出ないんですよね~

希望は有機ELの4Kですがマスタモニタ用しか出てない。
さすがにあの金額は厳しいです。
XEL-1の面積4倍。価格も4倍くらいまでを希望ですね。
Crystal LEDでもいいですよ!!

XRの寿命までにはお願いします!

NW-ZX1 TPUケース&ガラス製の保護シート [sony]

電源部のためにいびつな形をした
ハイレゾWalkmanのNW-ZX1。

発売日に購入し通勤の際にほぼ毎日使用していますが
サイズが大きいんですよねぇ~
(スマフォもXperia SXでもデカいと思っているくらいなので・・・)

ただ、やっぱり音は良いです。
ハイレゾ音源でなくても良く聞こえるのは
やはり電源に余裕があるからなんでしょうかね。


で、今日の本題です。

発売日からほぼ毎日使用しているのは
既に書いたとおりですが
このモデルは標準でケースが付いてました。

外側は革っぽく内側は起毛素材。
エンボス加工でSONYとWALKMANのロゴがあるという
言葉だけでいうと良さげなものなのですが、
実際にはなんだか安っぽさが漂う
7万円以上する商品には似合わない残念な作りです。
(黒なんですがなんだかグレーに近い黒なのが安っぽく見える原因?)

そして、このケースに入れると
本体右側にある物理ボタンが押せないんですね。
操作する度にケースから出す必要があります。

これはどうにかしたいな~
と思いつつも結構な時間が経ってしまいました。

そんなときに
enchantMOON用の液晶保護フィルムを購入した
ショップで「ZX1祭り!」なんてやってるではないですか。


そんな訳でガラス製の液晶保護フィルムとセットで
TPUケースを購入してみました。

保護フィルムは過去にも何度か貼っていますが
ガラス製ははじめて。
どれくらいまで曲げて貼るのか分からず
ほぼ、そのままかぶせる形で貼りましたが、
気泡も入らず上手く行きました。
(事前に「Hi-Res」のシールは剥がしてます。
あとで保護シートの上から貼りましたw)

で、TPUのケースをはめたのですが
右上が微妙にシートと干渉しているらしい。
浮いてきてしまいました(汗
とりあえず、シートがもう少し落ち着くように
少しケースに入れずなじませてみます。
あと、こんな記事もあったので
参考にもう一度チャレンジしてみようと思います。
※追記
 リンク先では縦に入れながら押し込む感じで紹介されていましたが
 私の場合は縦方向では上手くいかず、横方向に押し込んだら上手く行きました。
 どうしても浮いてしまう場合は方向を変えて装着してみると良いかも?


まあ、画面の上部ではなく
下部に合わせて貼ったら問題無さそうですがね。

シートは指紋も目立たないし
ケースもサイズぴったりでボタンも違和感なく押せますので
本体付属のケースを使っていて
物理ボタンを押す際に出し入れが面倒だと思っている方は
購入を考えてみてはどうでしょう?

タグ:ZX1

続HAP-Z1ESセットアップと注意点 [sony]

前回から時間が経ってしまいましたが、
以前注意点として記載した内容に対して
本体のソフトウェアアップデートが
2013年10月31日付けで公開されています。
(製品登録しているのでメールが来ました)

ハードディスクオーディオプレーヤー 「HAP-Z1ES」 本体ソフトウェアアップデートのお知らせ
手順については難しくは無いですが記載されたページがあったので
リンクしておきます。
http://www.sony.jp/audio/update/20131031_hap_z1es.html

なお、HAP-S1についても同様の問題があったようで
こちらもアップデートが公開されています。
ハードディスクオーディオプレーヤーシステム「HAP-S1」本体ソフトウェアアップデートのお知らせ
手順
http://www.sony.jp/system-stereo/update/20131031_hap_s1.html


で、前回対応していなかったファイルをゴッソリ消したので
確認できていなかったのですが、今日試してみたところ
説明通りと曲名がグレーアウトされ選択できませんでした。
(Andoroid版 HDD Audio Remoteにて確認)

まあ、これで突然ノイズが再生されて
ビックリするようなことは無くなるでしょう。

発売が26日。アップデートが31日なので
素早い対応と言えるのでは無いでしょうか。

以下は勝手な推測ですが、
DRM付きATRACファイルの再生時にノイズが聞こえたのは
下のページを見た感じだと
MP3のデコード同様のことをATRACでも行っているが
この際にDRMがあるとデコードできずに
ノイズが発生しているのかな~と思いました。

まあ、根拠はないんですが。
http://www.sony.jp/audio/products/HAP-Z1ES/feature_1.html

あとは著作権の管理情報ファイルが
HAP-Z1ESに転送できないため
今後もDRM付きファイルの再生は対応しないでしょうね。

mora以下のどれかやってくれないですかね~
・DRM無しの楽曲を安く再DLさせてくれる
・過去に通常ビットレートで購入していた楽曲のハイレゾ版を差額でDLさせてくれる

上の案は販売側にメリットが無いので厳しいでしょうね。
下の案はハイレゾの普及にもなるし
多少はコストも回収できるし、どうでしょう?

まあ、少しずつ増えてはいますが
ハイレゾの楽曲がまだまだ少ないので
楽曲の拡充が優先だとは思いますが。
→NW-ZX1の発売までには充実することを期待ですね!

HAP-Z1ESセットアップと注意点 [sony]

今日発売の「HAP-Z1ES」。

朝から届いたので午前中に接続してみました。
まあ、つなぐのは電源ケーブル、音声アウトからアンプ。
あとはLANケーブル(無線でもいいですが)だけですけどね。

あとは「HAP Music Transfer」(楽曲転送ソフト)の設定をするだけ。


なのですが、
過去のSonicStageの楽曲情報が保存されている
ディレクトリを指定したら
DRM付きの楽曲まで転送されてしまいました。

しかも、普通の楽曲と同様にファイルリストに表示されます。
しか~し、選択すると「ザー」というノイズが再生されます。
まあ、非対応と明記されているので仕方ないのですが、
転送対象にしないで欲しいところではあります。

で、聞けもしない。また、間違って選択すると
ノイズが流れるようなファイルは消したいのですが
メニューにそれらしい項目がありません。

そしてHAP-Z1ESって説明書も無いんですね~
困ったので、ソニービルまで行って聞いてきましたよ。

最初、4Fの相談カウンターに行ったんですが
あまり伝わらない感じ。
まあ、マニュアル無いの?って聞いたのがダメだったみたいですが・・・

で、ショールームの
オーディオコーナで担当ぽい人を見つけて質問。

消し方を教えてくれました。(Windowsの場合)
①エクスプローラでHAP-Z1ESを参照。
②ファイル一覧が見えるのでエクスプローラで消す。
以上!

なんか、普通にネットワークドライブとして見えるみたいです。
なお、将来的には
「HDD Audio Remote」からも削除可能になる予定とか・・・

また、家に帰って確認すると
取説はないけど、
「ヘルプガイド」というサイトがあるようです。

HAP-Z1ES
http://helpguide.sony.net/ha/hapz1es/v1/ja/index.html

HAP Music Transfer
http://helpguide.sony.net/ha/mt/v1/ja/index.html

ここに消し方も書いてますね。
音楽ファイルを削除する

あとは、同じ楽曲が異なるディレクトリに存在した場合など
良く分からない挙動が見られますが、
基本的にソフトウェアの問題なので
今後のVer.UPで良くなっていくと思います。

ハードの作りは良いので
ソフトの成熟に期待でしょうか!


ハイレゾ元年? [sony]

SONYから
2013年9月25日にF880シリーズ、ZX1のハイレゾ対応ウォークマン。
2013年9月26日にHAP-Z1ESなどのホームオーディオが発表されました。

そんな訳でNW-A867からNW-ZX1に買い替え。
自宅へHAP-Z1ESの導入を決断しました。
(NW-ZX1用にはMDR-EX1000も購入)

で、今週の土曜日についにHAP-Z1ESが届く予定ですが
そもそも、このHAP-Z1ES。あくまで単品のプレイヤですので
アンプ機能がありません。

そして、さすがにTA-A1ESまで一気に買うのは金銭的に厳しいです(苦笑)
そこで今、構築済の環境に追加することにしました。

今の環境はあくまでピュアオーディオ環境ではなく、
AV環境になっているので、不満が出てきたら別途検討したいところではありますが・・・

ちなみに今の環境も参考までに記載すると、
AVアンプ「TA-DA3400ES」
フロント/リアスピーカ「SS-F7700」
センタスピーカ「SS-CN7700」
サブウーファ「SA-W7700」
という環境です。

で、ここに「HAP-Z1ES」を追加するにあたり
「HAP-Z1ES」と「TA-DA3400ES」を接続する必要があります。

仕様を確認したところHAP-Z1ESは
「ライン(RCA)」、「バランス(XLR)」出力。
TA-DA3400ESは
「光デジタル」「同軸デジタル」「フォノ(MM)」
「ライン系」「マルチチャンネル入力」「DMポート」入力。
ということですので、ラインでつなぐしか選択肢は無いようです。

ラインって昔のテレビとビデオの接続ケーブル(赤白黄色)でしょ。
どうなの??という気持ちもあるのですが
結局、音声は最終的にはアナログに変換されるので気にしないことにします!
TA-DA3400ESってSA-CD対応を謳っていますしね!

じゃあ、どんなケーブルでつなぐのか?ということですが・・・

大手量販店のピュアオーディオコーナにいくと、
RCAケーブルが1本で1万円以上するものがある訳ですね。
赤白ケーブルなんて500円とかであるよ??という気持ちと
HAP-Z1ESを買ったのに、そんなケーブル使うの??という気持ち。

この狭間で悩むのですが、
量販店でRK-C315CSを見つけたので(ソニーストアでは販売終了)で妥協。

一応24kメッキ。防振構造。無ハンダ。etcなので
100均にあるようなケーブルよりマシだと思います。
ちなみに、なぜか値札より3割ほど安かったです(笑)

なお、付属品にオーディオコードと記載があるので
ケーブル自体は付いているようですが、どのランクのものなのかは??という感じです。
また10/24時点ですでに「ヘルプガイド」が公開されているようですね。

まあ、とりあえずケーブルも用意したし、
HAP-Z1ESの到着を待つだけです!

いや。X-アプリからMediaGoへの移行作業があった・・・
ま、詳細は届いてからということで!

前の10件 | -